FC2ブログ

BLUE NOTE

SS_20140628_ぼくのみぎがわ前篇

4
ヨンファヒョンを挟んで右側はヒョニヒョン。左側はオレの立ち位置が定番。写真の撮影の時はもちろんインタビューの時もライブが終わって客席に並んで挨拶をする時もオレはヨンファヒョンの左側を目指して駆けていく。右側はあの彼のものだから。せめて左側半分だけの体温を感じていたい。オレも大概諦めの悪いヤツだよね。なんて・・・自分でも分かっているけどさ。「釜山のステージさ、オマエ遠慮したろ?」先週の釜山公演はヨン...

SS_20140628_ぼくのみぎがわ後篇

6
涙が零れると鼻の奥がツンとしてスンっと一度鼻をすする音が静かな部屋に響いた。泣いているなんて隣で眠るジョンシンに気づかれませんように・・・そう願っていたのに「何泣いてるんだよ」その一度きりたてた音に気付いてか、それともはなっから眠ってなどいなかったのか・・・きっちりと拾われた。ゴロリと寝がえりをうつと背中を向けていたジョンシンの顔がこちら側に向けられた。暗闇に慣れたオレと心配そうにこちらを見つめる...