FC2ブログ

BLUE NOTE

SSS_Foxy_0

4
「ほー・・・これが、噂の・・・」透明な小瓶に入った金色の液体は手に持って振ると部屋の照明をうけてキラキラと光った。「さて・・・どうしようかな・・・」ソファに預けていた身体を、よっこらしょと起こしてその光る液体を目の前のテーブルの上に置いた。そこには『りんご果汁100%』と書かれた箱が一つと同じようなラベルのない透明な瓶に入った液体が一つ置かれており、二本揃ったその液体はユラユラと机に綺麗な金色の模...

SSS_Foxy_1

8
※かなり激しいR18:BL表現があります。 苦手な方は今すぐこれを閉じちゃってください。 この先へ進まれる方は自己責任でお願いします。 kaonyon ~Sonho×Yonghwa~あつい・・・身体の内側から湧き上がる熱が全身を犯すようにじわじわと広がっていく。呼び出された相手を待たなければいけないというのにオレは今すぐにでもココから逃げ出して沸き起こる熱を冷ましたい衝動にかられ思わず掴んだスマホでメッセージを送る。『今ヒ...

SSS_Foxy_2

0
※かなり激しいR18:BL表現があります。 苦手な方は今すぐこれを閉じちゃってください。 この先へ進まれる方は自己責任でお願いします。 kaonyon ~Minhyuk×Yonghwa~効果は通常なら5・6時間。そう告げられたオレはとにかく人に会わないようにと事務所の作業室に逃げ込んだ。湧き上がるむず痒くも甘い疼き。ともすれば自らの手を伸ばし触れてしまいたい衝動に一人耐えていた。「はぁ・・・・・ぁぁぁ」深呼吸をすればこの全て...

SSS_Foxy_3

4
※かなり激しいR18:BL表現があります。 苦手な方は今すぐこれを閉じちゃってください。 この先へ進まれる方は自己責任でお願いします。 kaonyon ~Jungshin×Yonghwa~オレは怖くなったんだ。だからオレは重い身体を引きずってその場から逃げ出した。「あ、ヒョン!!どこにいたの~?探したんだよ」作業室を後にしたオレはなんとか自宅へ帰らなくてはと、事務所の廊下の壁を手でつたいながら出口を目指す。マネージャーに電話...

SSS_Foxy_4

2
※かなり激しいR18:BL表現があります。 苦手な方は今すぐこれを閉じちゃってください。 この先へ進まれる方は自己責任でお願いします。 kaonyon ~Jonghyun×Yonghwa~「う・・・あ・・・ヒョニ、ヒョニ・・・・う、うわぁっ!!」オレは夢から一気に現実に引き戻されて思わず叫んだ。見慣れた天井・・・ほのかに香るアロマの匂い・・・オレの部屋か・・・・・。確かジョンシンが一緒にいた・・・はず。なのにオレの目に映った...