FC2ブログ

BLUE NOTE

Be a Supernova 1

8
飛び立つとすぐに小さくなり箱庭のようになる街並み。緑の屋根がみるみると離れていった。「めずらしいね、飛行機で寝ないなんて」いつもなら飛び立つ前には夢へとトリップしているオレだからと、隣に座るオマエは笑う。「復習しとかなきゃな」日本のツアーが始まる前にセットリストの確認と日本語の復習。どうせ短いフライトだ、そのために起きていようと思っていた。ふぁ・・・・欠伸をするオマエは伸びた髭をざらりと撫で上げ、...

Be a Supernova 2

6
やっぱり温泉は最高だった♪マネージャーをつき合わせ、近くの銭湯を楽しんだオレはホテルでの彼の様子をうかがうべく電話をかける。1回・・・5回・・・10回・・・繰り返すコール音にちょっとイラつく。なんだよ。こんな早くに寝ちゃったの?誘っても早々に断られた。じゃあと他のメンバーに目を向けてもふいと視線をそらされて、仕方なく一人で行ってきたのに。なーんだ、寝ちゃったのか。それでも諦めきれず電話を切れないオ...

Be a Supernova 3

8
※R18:BLな表現があります。ご注意ください。明日がライブ初日だから彼の顔を見たらすぐに部屋に戻るつもりだった。温泉に行けて気分はいいし、このまま眠れば明日のライブは最高のコディションで迎えられそうだったから。「ん・・・・んんっ」しかし、一目でシャワーを浴びたてと分かる姿で、まだ濡れた髪を拭きかけだった彼の首筋を見た瞬間、もうダメだった。迎え入れられた部屋のドアの脇の壁に彼を押しつけ、きつく腕に...

Be a Supernova 4

18
「やっぱり戻るよ」そう言いだしたミニョクはくるりと踵を返し、今来たばかりの道を戻りはじめる。「えー?戻る??なんで???」それを聞いたジョンシナは予想以上のブーイングでもってその後ろ姿を引き止める。「あのひとが心配なんだ」夜の街に繰り出したのは3人。不在者はあいも変わらずツアーに来ては調子を崩すアイツ。「大丈夫だよ。薬飲んでたじゃん。マネージャー残ってるし」長野で引いた風邪を案の定こじらせたアイツ...

Be a Supernova 5

12
※R18:BLな表現があります。ご注意ください。「ん・・・・っ」額におかれた冷たい感触に目を覚まし、だるくて重い瞼を押し上げる。彼が帰ってきたのかと思ったから。『買い物に行こうって言われてさ』申し訳なさそうな顔してた。だから楽しんでおいでって言ったんだ。ホテルに残ればきっと心配でそばにいたりするだろうし、そうしたら風邪うつしちゃうし、我慢できなくて押し倒しちゃうかもしれないし・・・明かりの消えた部...