FC2ブログ

BLUE NOTE

My Little Lover 1

22
「・・・で、いったいコレはなんだ?」目覚めたオレは、枕元で覗きこむ小さな瞳に思わず問いた。確かに夢を見ていた。あの夜を何度も思い出していた。けれど、目の前のこの存在はなんだ?よく知った顔に浮かぶこれまたよく知るくっきりと浮かぶ笑窪。嬉しそうに笑ってオレを覗きこむ瞳。「オマエ・・・どうした?」もう一度問いかける。すると消えてしまうっていうのが現実だったりする訳で、オレはきっとまだ夢の中・・・・のはず...

My Little Lover 2

12
異国で一人頑張りすぎるだろう彼を想うと心配で眠れないし、どうせ家にいてもすることもないと夜が明ける前から誘われるままに海へと出かけた。大物が釣れた写真を撮って彼にメッセージを送る。『こんな魚も料理できるようになるかな?』起きて一番にこれを見た彼はどんな反応をするだろう?笑って、そしてちょっと怒るかな・・・そんな彼を想像して笑った瞬間、大きく身体が揺れた。そして気がついたら目の前に彼がいた。だからこ...

My Little Lover 3

6
包み込むように守るようにオレをくるむ手のひらはほんのり温かくて心地よかった。ウトウトと眠りに落ちては眠りが浅いのかふと浮上する意識にぼうっと眼を開く。目の前には愛しい彼の顔。久しぶりに眺める彼は少しだけ疲れた顔をしていた。「やっぱ疲れるよね」ぽつりと呟いても彼は眠ったまま。メッセージのやりとりだけじゃ分からない。傍で感じられない距離が歯がゆかった。器用な彼は何でもこなすだろうけど、いつも以上に緊張...

My Little Lover 4

10
※R18:BLな表現があります。ご注意ください。ポタポタと白いクリームが机に落ちる。「さすがにこれは酷いな・・・」まるで雪だるまだ。全身クリームまみれで、酷すぎて笑えてくる。「はは・・ははは・・・わっ」へらへらと笑ってたら、影ができて近づいたヒョンの唇。ゆっくりとそこから出された舌でペロっと顔を舐められた。一度舐めた舌はもう一度と何度も繰り返される行為にオレはたまらず声を上げる。「も・・・やめて、...

My Little Lover 5

10
※R18:BLな表現があります。ご注意ください。いつもはヤられっぱなしだからか、小さくなったオマエの反応に悪戯は止まらない。上げる声、色っぽいのな。煽られるようにイカせるだけイカせてやった。唇に放たれたモノをペロリと舐めたらちゃんとオマエの味がして、ドクリと脈うつオレの心臓。そっと合わせた唇に感じる体温にお互いの存在を確かめあってオレは自分の手を自身へと伸ばす。「ヒョ・・・ン・・・?」「見ん・・・...