FC2ブログ

BLUE NOTE

Closer_1

10
ドラマにバラエティにソロでのファンミーティング。オレ自身もソロで活動を始めてからというものオレたちはずっとそれぞれで仕事をこなし、唯一残るアジアツーで久しぶりに顔を合わす感じ。マンネたちがどうしてんのかは詳しくはあえて聞かないようにしてるけれど、オレたち・・・オレとジョンヒョンは会う日にちよりも会わない日を数える方が圧倒的に多かった。「リハはする?」隣に並ぶ長身が聞く。「そりゃするだろ。ファンミー...

Closer_2

6
「・・・ふ・・・っ」唇が離れてオレは潤んだ瞳を開けた。優しく見下ろすジョンヒョンの瞳の中にはオレがいた。「よく言えました」子どもを褒めるような穏やかな声。父親かよなんて思うけど、嘘が感じられないその声が胸に沁み入っていく。久しぶりだからかな?なんだか照れくさい・・・な。目を合わすのが急に恥ずかしくなってオレは睫毛を伏せてコクリと首を縦に振る。キスも言葉も素直に嬉しい。器用で人懐っこくて、何でもそつ...

Closer_3

1
※R18:BLな表現があります。ご注意くださいませ。「ぁ・・・・」オマエの手が遠慮なく下着ごとズボンを下す。中から遠慮がちに、でもしっかりと勃ち上がったものが顔を覗かせる。慌てて裾を降ろしたらその手ごと上に捲られその勢いで脱がされた。「ば・・・脱がすなよっ」「なんで?」「だって、誰か来るかも」「鍵してるのに?」「けど・・・!」そんな言いあいにストップをかけるようにオマエの掌に唇が止められる。「じゃ...

Closer_4

4
※R18:BLな表現があります。ご注意くださいませ。「・・・っ、んん・・・・ああ・・・・」オレを開きながら奥へと侵入をしてくる熱の塊。オレは首に腕を絡めて、窓に頭を擦りつけるようにして声を殺す。「一つになった」耳元に囁かれた言葉に震えが走る。それに答えるには、まだ熱が足りない。だから必死に首に回した手で頭を惹きよせ自分から唇を合わせた。「ん・・・は・・・ぁ・・・・」2人で吐息を合わせていけば気持ち...

Closer_5

3
オレたちは、この時期をソロ活動をメインで過ごしていた。それはこの先に待っている空白の時間の準備ともいえる。音と遊ぶのは好きだ。写真を撮るのも撮られるのも好き。そして、演技をするのも嫌いじゃあない。そうだなぁヒョニヒョン以外はそんな風にあれこれしたいって思っているに違いない。でもね。でも!!!ヨンファヒョンの映画やドラマの撮影の時もそうだったけど、ずーっと何所かに行ったきりでメンバーと毎日は会わない...