FC2ブログ

BLUE NOTE

Note.201312××_falling slowly 3.5

0
※R18:BL表現があります。ご注意願います。(昨夜一つ前に本編のお話を更新しました)「あ・・・っ」汗ばむ肌の上に唇を這わせるとヨンファヒョンが小さく声を漏らした。首筋に・・・胸に・・・花びらのような赤い痕を刻むと「はぁ・・・・・」甘い吐息が漏れて潤んだ瞳で僕を見つめる。少しずつ下りていく唇で彼の胸の尖りを捉えて口に含めばより一層高い声を上げて「あ・・・・ン・・・そこ・・・・」いつもの声と違う可愛い声。...

Note.201312××_falling slowly 3

8
※R18:BL表現があります。ご注意願います。コトバを一つ飲み込むたびに僕の喉に棘が一つ刺さる。いったい僕は幾つのコトバを飲み込んだだろう?その沢山の棘が僕の声を奪ってしまえばいいのに。童話の人魚姫のように声を失ってしまえば大切な彼を傷つけなくて済むから。チクンまた一つ刺さった音がした。******************************移動車は後部座席がヒョニヒョンの指定席。ジョンシンとボクは適当に早いモノ勝ちで席を決めて...

Note.201312××_falling slowly 2

0
※R18:BL表現があります。ご注意願います。トク・・・・トク・・・・トク・・・・少し早いオマエの鼓動が刻む音が好きだった。トクン・・・トクン・・・トクン・・・オレが刻む音がそれに重なって生まれるリズム。それを聞くのが好きだった。今のオレには聞こえない。オレの鼓動だけが寂しく悲しく響き続けていた・・・******************************「ん・・・も・・・あ・・・早くイケよ・・・」ヒョンのドラマがオールアップし...

Note.201312××_falling slowly 1

6
落ちていくアナタヘ・・・ゆっくり、ゆっくりだけど確実にアナタへと向かっている。傷つけると分かっていても結末が分かっていてもこの想いが止められないならいっそアナタを壊してしまおうか?そんな狂気に満ちた考えに支配されそうな僕は既に自分自身が壊れかけているのかもしれない。落ちていく更に深くオマエへ・・・不安な気持ちにさせられてもたとえそれで傷つくことがあっても惹かれずにはいられない。オレのココロはオマエ...

SS_201312××_変身8

0
※R18指定BLにつきご注意願います。「責任とってよヒョニ・・・」頬を両手で挟んで強引に唇を合わせた。しっかりとオマエの顔を見ながら視線を合わせたまま何度も角度を変えて。クチュ・・・チュ・・・合わせた唇から洩れる水音が部屋に響く。「ん・・・ヒョン・・・」まだ結んだままの唇に指をかけて開くと濡れた舌をしのばせて更に深く合わせていく。「んんっ・・・」口内を舌で掻きまわし触れる舌の感触は抑えていた熱をあっとい...

SS_201312××_変身7

2
※R指定な表現あり無理やり熱を抑え込んだ身体はシャワーの刺激さえヤバかった。『自分でしていこうか』とマジで考えたけどそれを相手に想像されてるかもと思ったら恥ずかしくてできなかった。打ち上げの会場へ向かう途中だって車のちょっとした振動が、布が擦れていく感覚が身体の中でくすぶっている熱を思い出させて変な汗なんて出てくるしホント、「ジョンヒョンのバカ・・・」なんてこんな身体を放置してくれたアイツに心の中で...

SS_201312××_変身6

2
※R18指定BLにつきご注意願います。身体を弄るくすぐったいような感覚が目覚め間近の心地よいまどろみの中からオレを呼び戻していた。短くなった髪の毛をなで、頬を伝い唇の形をなぞる。ん・・・キスする・・・?目覚めのキスの一つもくれたらまだ目覚め切らない意識も浮上するのにいつまで待ってもお目当てのものはこなかった。そのかわりに唇を撫でた指はなにも身につけていない身体をゆっくりと下っていき胸にある突起を擦る。片...

SS_201312××_変身5

2
※R18指定BLにつきご注意願います。「イッちゃったね・・・」唇をペロリと舐めてイジワるく聞いてきた相手を肩で息をしながら見上げた。「でも、まだまだだよ。まだヒョンが足りない。 この数ヶ月おあずけされた分オレにちょうだい」そうして一旦萎えたモノを口に含んでゆっくりと味わうように舌を這わせてれば当然のごとく反応を見せるオレのソコは少しずつ硬さを増していった。美味しそうにオマエに咥えられれば上ずった声も出て...

SS_201312××_変身4

4
※R18指定BLにつきご注意願います。ベッドへと倒れ込んだ後、着ていた服はすぐに脱がされこの時期の冷たい空気に触れた身体を丸めると「ダメ・・・すぐにあっためてあげるから。こっち向いて」あっという間に押さえつけられアイツの前にその身を晒した。「明かり・・・消して」照明に照らされて全てを見られることが恥ずかしくて仕方ないのに「今夜はヒョンのことをちゃんと見たいから そのままで・・・ね」なんてお願いをされれば...

SS_201312××_変身3

4
※R18指定BLにつきご注意願います。ドン!!「ぶっ・・・」シャワールームを出たところで頭からタオルを被っていたオレはドアの前に立っていた人物に衝突した。「ヒョン・・・」よく知っているその声の主はオレの手を引くとすぐそばの部屋へと誘い素早くドアを閉める。そしてドアが閉まる音と同時にギュッっと力いっぱい抱きしめられオレはよく知ってる彼の匂いに包まれた。「ジョンヒョン」抱きしめている相手の名前を呼びオレも彼...

SS_201312××_変身2

2
「ヒョンこっちも美味しいから食べてよ」「んー??もうお腹いっぱい・・・入んないよ・・・」もう食べれないとギブアップするヒョン。いやいや美味しく(←ヒョンを・・・)いただきたいので、もっと食べて欲しいと「今まで制限してた分今日は沢山食べなくちゃ。はい、コレも♪」あーんって口に運ぶと「またすぐ太るからダメだってば」そう言いながらも素直に口を開いてくれるんだよね。そんなヒョンが可愛い。そうそう「だ~いじょ...

SS_20140114_To君へ

6
ヘッドフォンから聞こえてくるのは好きで、大好きで、誰よりも大切な彼の声。ちょっとハスキーなとこも好き。語尾の抜ける声も色っぽくて好き。声を・・・リズムを・・自在に操って聴く人を虜にさせる。オレはもうずっと彼の虜で彼と一緒にいる今が何よりシアワセでそのシアワセのためならどんな汗も流すしどんな苦労も厭わない。オレの隣で彼が笑ってる。その彼とオレ達が大切にする音楽とCNBLUEを守りたい。流れてきた彼の...

SS_201312××_変身1

0
事務所の自身の作業部屋で曲作りに苦戦していると♪♪♪ヒョンからの便りを告げる着信音がなってスマホの電源を入れると目に飛び込んできたのアサイドを借り上げてセットされたヘアスタイルでちょっとかっこつけて映ってる彼の写真。そのあと 『かっこいいだろ?』って自分で行っちゃうところがヒョンらしい。 『最終回のパク・セジュ初公開』返信する隙を与えずに連続で入ってくるメッセージに何て返してやろう?『惚れなおした~...

SS_201311××_悪夢

2
ライブ・・・ドラマ・・・曲作り・・・ドラマ・・・ライブ・・・グルグル・・・グルグル毎日がスゴイ速さで過ぎていく。このところ何度も同じ夢を見るんだ。後ろから何かが誰かが追いかけてくる。オレはそれから逃げるように早く・・・早く・・・もっと早くと全力で走っている。あれに捕まったら?この足を止めたら?ソノサキハドウナル??「ヨンファ・・・大丈夫か??」マネージャーの声で目が覚めた。汗をかくような季節でもな...

SS_20140101_はじめて

4
カウントダウンを終えた音楽祭の後はマンネ達が外泊するというので2人で宿舎へと帰ってきた。お祭り騒ぎの興奮そのままに2人で新年のお祝いでもするか?と置いてあったワインを持ち出し乾杯をした。「新しい年に乾杯」「乾杯」カチリと音をさせてグラスの中のワインが揺れた。ソファに隣り合わせに座って、いつものなら賑やかなリビングには2人だけだから話すことなんてそう多くはないしお互いそんな気分にならない訳がない・・・...

SS_20131231_一年後も

2
10・・・・9・・・・・8・・・・・たくさんの思い出とともに一年が終わっていくたくさん悩んでたくさん笑っていい時も悪い時もずっと一緒にいたよな7・・・・・6・・・・・5・・・・・新しい年もきっと平凡な一年じゃないだろうけどオレ達ならきっと大丈夫4・・・・・3・・・・・そして来年のカウントダウンも隣でこうして笑っていられますように2・・・・・1・・・・・メンバーとオマエと一緒にこうしてステージの上で...