FC2ブログ

BLUE NOTE

Note.20150129_Time Bomb 3

0
「何つったってんのヒョン、こっちおいでよ」自分の座っているソファの横をポンと叩いてオレを誘うアイツ。笑ってんのに目が笑ってねーって、絶対。「もう帰らねーよな、ほらビールでも飲むか?」遣いすぎた喉には炭酸が気持ちいい。今夜は部屋も温かいし・・・な。冷蔵庫から2人分取り出して、恐る恐る横に腰をおろす。差し出した缶を受け取ったオマエは小気味いい音を立てて開けた中身を一気に煽っていく。喉が液体を飲み干す動...

Note.20150129_Time Bomb 2

0
「お疲れー・・・・・また明日。うん分かってるってじゃあ・・・・」自宅前で車を降りたオレは明日の迎えの時間を確認すると車のドアを閉める。それを合図に走り出した車は通りの向こう側へと消えていった。ふぅー・・・・・・明日も早いしシャワー浴びて寝るかぁ・・・・。オレは踵を返して家路を急いだ。1人暮らしで、あいつらと違って同居人もいないオレ。待つ人のいない冷えた部屋へと帰るはず・・・だったのに。あれ?玄関先...

Note.20150129_Time Bomb

6
『みなさん、12時に・・・びっくりするようなものを公開します』オレのもとへ (←世界中のBOICEの元への間違い)彼のからの予告状が届いた。チッ・・・・・チッ・・・・・チッ・・・・・・もうすぐ0時。さっきからオレは、なかなか進まない時計と睨みあっていた。ゴ・・・ク・・・やけに喉が渇くのはきっと、彼の行動が予測不能だからに違いない。最近やけに熱心に更新をしているSNSで、いったい何をしようとしているのだろう...

One Fine Day 4 ~もう二度と会えない君へ~

2
※R18:BL表現があります。ご注意願います。彼を汚したオレの体液。濡れた頬を撫で口元へと運べば、それを舐めとるように舌を這わせた。美味しそうに舐めあげていく・・・そんな彼の仕草を目にした後のことはそれが夢か現実かなんてオレは知らない。知りたくもない。誘われるままに彼のカラダを開いた。沸き起こる小さな疑問にも目を塞ぎそしてオレは彼を抱く。「あ・・・・ふっ、あぁ----・・・」後孔に差し込んだ指は、あっという...

One Fine Day 3 ~もう二度と会えない君へ~

2
※R18:BL表現があります。ご注意願います。「は・・・・・ぁ・・・・」甘く響く声。伸ばしかけた左手は宙をさまよって漂う。オレはゆらゆらと何かを探すようなその手を取り、唇を寄せる。普段は隠している紅い痣。時計を外して露わになったそれは紛れもなく彼の証拠。ちゅ・・・と、音をたてて吸い付いつくと「・・・・・ぁ」小さく声を上げて啼いた。**********愛する人を見間違えるはずがない。『ヨンファ』は何から何まで彼その...

One Fine Day 2 ~もう二度と会えない君へ~

2
「ヒョンどうしたのこんな時間に」深夜0時過ぎ、なんの連絡もなく唐突に彼はオレの前に現れた。帰る時に覗いた彼の事務所の作業室、難しい顔をして機材と睨めっこをしていたのを見かけて、帰らないの?そう聞いたら「んー・・・帰れない」こちらをチラリとも見ずにそう言った彼。「無理しないでね」「ああ」彼と交わしたのはたったそれだけの会話。オレはその後、すぐに事務所を後にした。「オレはおまえのヒョン・・・じゃねぇ」...

ひとりごと【20150125】

6
みなさん、おはこんばんよん。いつものヨンファ時間ではなく0時きっかりに更新したひとつ前のお話はいかがでしたか?これはツイで知り合った 「あらちゃん(夜の………鶏☜) 」サンの妄想から生まれたお話。白と黒2人のヨンファさんの話です。今回あえてお兄さんのソロデビュー作の曲名をタイトルに使わせてもらいましたが、「One Fine Day」どんな素敵な日を彼らは過ごしたんでしょうね。それはこれから少しずつ明らかに...

One Fine Day 1 ~もう二度と会えない君へ~

4
それはある日のこと。廊下の向こう側から数名のスタッフに囲まれてやってきた彼が作業室から出てくるオレに気付くと、上着のポケットを探りながらオレの名前を呼んだ。「ジョンヒョン手ぇ出せ」言われて反射的に伸ばした手のひら。そこをめがけて弧を描いて飛んでくる小さな物体をオレは慌ててもう一方の手も伸ばして迎えにいく。「それやる」「これ・・・・・・」・・・・なに?呼び止めようと顔を上げた時にはスタッフの背中の向...

Note.20140108_×××1

6
SSS
「へ~やけにご機嫌な写真じゃない」それはその日ネットで見た彼の写真を見たオレの感想。最近お気に入りのスタイルで今日もセルカ王子は笑ってる。「さて、アノヒトは今日はドコでナニをしてるのかな」その日オフを決め込んでいたオレはソファでゴロリと横になり手の中にいる彼を追いかけた。**********ピン・・・・ポー・・・・ン。ゆっくりと押されたチャイムはオレ達だけに分かる合図。「いらっしゃい」「おう・・・」何度か訪...

SSS_オレたちのWAVE【裏】last ep

14
※これは現在限定記事にて公開中の『おれたちのWAVE【裏】』  のLast epです。あえて鍵をはずさせてもらってますが、  今までのお知らせなどにより、  読みたくないって方はこのままスルーでお願いしますm(__)m彼の一言から始まったこのとんでもなく淫らで妖しい行為も全てを受け入れた彼自身によって幕を閉じた。全ては夢そう言いだしたのはオレ。そしてそれはオレの希望でもあった。朝になり、目が覚めたら忘れてしまう...

SSS_オレたちのWAVE【裏】14

1
※これは現在限定記事にて公開中の『おれたちのWAVE【裏】』  のJS目線のお話です。あえて鍵をはずしてありますが、  もし読みたくないって方はこのままスルーでお願いしますm(__)mシャワーを済ませて戻るとミニョクは背を向けて眠っていた。「寝ちゃったのかよ」独りごとを呟いてオレは自他共に認める長い手足をベッドへと投げ出し天井を仰ぎ見る。落された照明にボンヤリと浮かび上がる空間に浮かぶのはオレの想像でしかな...

ひとりごと【20150114】

4
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。CNBLUE5周年の記念すべき日にやらかして←いや、狙ってた訳じゃないのよ。うん。たまたまそうなっただけなのよ。うん。とうとう書いちゃいました。けど、アレが限界でした(苦笑)でもね、まだ終わりじゃないの。あと2回ぐらいでは終われると思うので限定記事じゃないのをお待ちの方はもう少しだけお待ちくださいませ。CNBLUEのデビュー5周年の日に自分自身のスタートの...

SSS_オレたちのWAVE【裏】12

6
※これは現在限定記事にて公開中の『おれたちのWAVE【裏】』  のMH目線のお話です。あえて鍵をはずしてありますが、  もし読みたくないって方はこのままスルーでお願いしますm(__)mヒョンが彼の前で淫らに身体を開いていく。「舐めて」彼が差しだした指、言われるがままに咥えたヒョン。なんだ・・・・なー・・・・・んだ。オレ達きっともっと・・・・キモチヨクナレルヨ一緒に見ていたジョンシンはどう思ってるか分からな...

ひとりごと【20150112】

2
三人を睨むように見てたみたいだけどジョンヒョンは怒ってたの?「べつに・・・怒ってない」でも・・・・・「いや、でも本当は嫉妬に狂う自分と闘ってたのかも」ま、そうだよね。「アイツらが触れる度に、違うそうじゃない。と ずっと思いながら見ていた」ちがう?「ヒョンはさ、もっと淫らでイイ声で啼くんだ。 それを知られたいような、知られたくないような・・・」複雑だね。「複雑だよ」今夜は寝るけどちょっと待っててね。...

SSS_オレたちのWAVE【裏】9

8
※これは現在限定記事にて公開中の『おれたちのWAVE【裏】』  のJH目線のお話です。あえて鍵をはずしてありますが、  もし読みたくないって方はこのままスルーでお願いしますm(__)mヒョンが突然言い出したことにオレは正直驚いた。眠れないってのは知ってたけどまさかあんなことを言い出すなんて思いもよらなかった。『今宵一晩だけオレを好きにさせてやる』好きにさせてやるだって??一晩だけだってイヤだよ。ヒョンの全...

ひとりごと【20150110】

2
「眠れなかったの?」そうだね。眠れないねぇ・・・気付いたら朝だったよ。「眠れないのはオレ達だけでいいのに」なんでだろうね?あ、ヨンファがさぁ・・・寝かしてくれないんだよ。うん、そうだよ。「オレのせい?」ヨンファが色々な顔を見せてくれるたびに気になって、どんどん好きになって、それでなんだか眠れない。あ、そうか私だけじゃない・・・みーんなヨンファの魔法にかかってるのかも。「ククク・・・オレは魔法なんて...

ひとりごと【20150109】

1
「ヒョン・・・・ヒョン・・・・」大丈夫?ジョンシン・・・「・・・でな・・・・・った」なに?聞こえない。「こんなこと・・・・望んでなかった!」あぁ・・・・「ボクはヒョンが幸せならいい」うん。「ヒョンの笑顔が見られればそれでいいんだ」けど、ヨンファには聞こえたんだってジョンシナの声がさ。「呼んで・・・・・・たのかもしれない。無意識に・・・」夢だってさ。起きたらみーんな忘れちゃうの。ジョンシナ、お兄さん...

ひとりごと【20150108】

0
ミニョク、話かけてもいい?「ん・・・・あ・・・・・はぁっ・・・・・」ねぇ、ちょっとさ聞きたいことがあるんだけど。「だ・・・・め、ミニョ・・・・んん・・・・っっ」「ちょっと待ってられる?」「や・・・やだ・・・・・いっちゃ・・・・」ちょっとなんだけどさ、やっぱりダメかな?「も、ダ・・・・・イカ・・・・・・て・・・・」「だってさ。ゴメン、今取り込み中なんだ。後にしてもらえますか?」あ・・・・・・はい。ミ...

ひとりごと【20150107】

10
ジョンヒョン酔えてる?「酔えるわけないの知ってて聞いてるよね?」ご、ごめん。ねぇ、今回のことヨンファが言い出したことだけど許したのはどうしてなの?ジョンヒョン。「ヒョンが決めたことだから」ヨンファが決めたことだから・・・かぁ。よかったの?「いいわけない・・・けど・・・」けど?「呼んでたから」ヨンファを?「うん、ずっとずっとオレ達ヒョンのことを呼んでたから」うん。キミ達にしか分からない関係かぁ・・・...

ひとりごと【20150106】

2
「ね、みんな読んだのかなアレ??」そりゃ~沢山の人がブロともやアメンバ申請してくれたし読んだんだと思うよ・・・・。「あー・・・あー・・・・見なかったことにしてくれる?」そりゃ無理でしょーよ。ヨンファが言い出したことでしょ?「それは・・・そうだけどさ」ジョンヒョンもいいって言ったんでしょ?「・・・・・・・・うん」何複雑な顔してるの?「なんかこう胸につかえるもんがあってさ」我儘だなぁヨンファは。みーん...

ひとりごと【20150105】

5
昨夜初めての限定記事予告を受けて沢山のブロとも申請・アメンバー申請ありがとうございました。そして沢山のメッセージ・コメント、全部大切に読ませていただきました。毎日沢山のポチや拍手をいただいていて読んでくださってる方がいるってことを信じていなかった訳じゃないんです。けれど、実際に本当に沢山の方が読んでくださっていて、新しく書く私の世界を読んでみたいと言ってくださっていて・・・驚くと同時に感謝の気持ち...