FC2ブログ

BLUE NOTE

We Got Married~アイノウタ~5

2
※R18:BL表現があります。ご注意願います。口元を拭いながら顔を上げたオマエと目が合えば、オマエは満足そうに笑った。オレの中を掻き回しながら、片手で器用に自分の衣服を脱ぎすてていき、そのまま大きくカタチを成したモノを数度扱いた。そして、オレの内部から指を引き抜いて勃ち上がったそれをそこにあてがった。「ごめん、我慢できない。もう挿れていい?」言い終えるが早いか、その熱く昂ったモノをオレの体内に沈めはじめ...

We Got Married~アイノウタ~4

2
※R18:BL表現があります。ご注意願います。「愛してる」そう囁いたオマエは優しいキスを一つ。そしてオレの左手に触れ、持ち上げる。「これでオレのもん」言って、オレの薬指に銀色に光るリングを嵌めた。持ち上げた左手の指のリング越し視線が合う。穏やかに微笑む瞳にドクンと心臓が大きく音を立てて鳴った。「ヨンファだけがオレの真実だよ」左手の薬指を引き寄せて口づけを落とす。指輪が小さく揺れて光を放つ。「何も言ってく...

We Got Married~アイノウタ~3

0
「こ・・・・・れ・・・・・・」あの住所の場所で同封された鍵で開く扉。そこは真新しいマンションの一室だった。六畳ほどのリビングにはテレビとソファ、長方形の小さなガラスのテーブルが置かれてる。その向こうの扉にあるもう一室は寝室になっていてセミダブルサイズのベッドが一つだけあった。あとは小さな冷蔵庫とミニキッチンとバストイレといったところだろうか。生活に必要最低限のものは揃っているといった感じだ。窓を覆...

We Got Married~アイノウタ~2

0
※R18:BL表現があります。ご注意願います。少しばかり落とした照明の室内にベッドの軋む音と熱のこもった吐息。そして快感を訴える嬌声が響き渡った。「ん・・・・・あぁ・・・・・・・」肌と肌が直接触れ合うぬくもりにオレは心地よい浮遊感を覚える。「ヒョ・・・ニ・・・・ヒョニ・・・・」何度も何度も名前を呼んだ。貪るようなキスに自ら舌を差出し、絡められるのに応える。女性とは違う筋肉質のオトコカラダをさらに逞しく鍛...

We Got Married~アイノウタ~1

2
アイツの部屋に取り残されたのはテーブルの上に無造作に置かれた茶色い封筒と冷めたコーヒー・・・・そしてオレ。数時間前までは熱いぐらいにお互いの体温を感じていたこの空間には今は一人きりで、それが妙に寂しく感じられた。「そっか・・・あの日だったんだ」ソロでカンバックして大忙しの日々を送っていたある日代表に呼び出された。また何を言い出すのやらと警戒しながら会いにいったのがつい昨日のことのように思い出される...

ひとりごと【20150223】&お返事

0
こんばんよんよんよーん。「おねーさん、元気だねぇ・・・今日は書けたの?」うん、書けたよ。「ふー・・・ん。で、どれ?」あー・・・気にしてることをぉぉぉ「だってさ、不器用なのに手をつけすぎなんだよアンタ」ジョンヒョン冷たい。「オレ達のことまで覗き見しようとしてるでしょ」ミニョクさん笑ってるけど目が笑ってませんが・・・いやいやいや、ちょっとだけね。おにさん達だけじゃなくて二人も書いてみたいじゃなーい。ね...

SS_20150314_Candy Panic 1

6
まあるいキャンディ口の中に一つ入れたらじわり広がる甘さはハッピーフレーバー。オレはそれをいつまでも味わっていたくて、なくなるのを惜しむように口の中でコロコロと転がしていく。「美味しいよ」甘いシアワセを一緒に感じたくて隣で眠るアイツの口に一つ放り込んでやると「甘すぎ」眉間に軽くシワを寄せたのは単に甘さのせいではないのだろう。ガリガリと噛み砕いていく音にボクは「もっと味わったらいいのに」そうオマエに言...

One Fine Day 12 ~もう二度と会えない君へ~

4
※R18:BL表現があります。ご注意願います。昼間のヒョンと夜のヨンファ。同一人物なんだと気づいてから会うたびに、なんとなく分かってきたことがある。昼間のヒョンは相変わらずいつもの彼だ。この間も・・・・「ジョンヒョン、ジョンヒョン、 一緒にやってくれる人が決まったんだ」廊下で会うなり嬉しそうな顔をした彼に呼び止められ、「なぁ、曲もさ結構めどがついてきたんだ。聞いてみてくれよ」そう言う彼に、作業室へと連れ...

One Fine Day 11 ~もう二度と会えない君へ~

0
※R18:BL表現があります。ご注意願います。「-------------・・・ん・・・・」憎まれ口叩く、可愛げのない唇を塞いで甘い甘い口付けをするうちに文句を言う気分もどこかへいってしまったのかヨンファは目を閉じて忍ばせた舌にそっと自分の舌を絡ませた。酒とタバコが香るキスからはいつものヒョンが感じられなくて不思議な感じがした。腰を引き寄せた、密着した身体から感じとことができる早くなっていく鼓動と火照り熱を上げる肌...

One Fine Day 10 ~もう二度と会えない君へ~

2
きっと、ここにいるだろうと目星をつけてやってきた事務所のジムに、目的の相手を見つけたオレは偶然出会ったように装ってドアを開ける。昨日のこと、どうやって謝ったものかと思案しながら上着を脱ぎ捨てると後ろから注がれる視線に熱を感じた。なに見てん・・・・・だよそんなに見んなよ・・・・手を伸ばされて、思わず身体がそれを避ける。だって、視線だけでドキドキするんだぜ。なのに、触れられれでもしたらそれこそこんな場...

One Fine Day 9 ~もう二度と会えない君へ~

4
日にちが経ちすぎて以前のお話はどこへやら・・・(泣)↓一応これがこのお話の一つ前のお話になります。(One Fine Day 8 ~もう二度と会えない君へ~)**********One Fine Day 9 ~もう二度と会えない君へ~彼の首の後ろ側にある紅く残る痕はまぎれもなく彼と彼をつなぐ印。「ヒョン、それ・・・・・」確かめたくて手を伸ばした。「な、なんだよ」けれど、それに触れる前にするりと彼にかわされ、あげく持ってきたタオルでそれを...

PRESENT05~きす~

4
「んぅ・・・・・っ、ふ・・・・っ・・・・・・」舌を絡められねっとりと舐められれば、その舌先から麻痺したように痺れていく。カラダが蕩けてしまうようなキスにオレは表の仮面を脱ぎ捨ててありのままのオレに戻る。「・・・・・・あ・・・・ん・・・・・」腫れ上がりそうなほど執拗に唇を吸われ、弄られる。溶けて混じりあってしまうのではないかと思うほど舌を絡められ、飲みきれない唾液は顎を伝って首へと流れていった。「・...

PRESENT04~えがお~

2
「大丈夫」そう言ってオレたちを見て笑ったアナタに偶然触れた指先がとても冷たくて視線をあげたら「しぃ・・・・・」口先だけを小さく横に引いていたずらがバレた子どものように困ったように小さく笑う。「ヒョ・・・・・・」声をかけるより早くオレに飛びついたアナタは息遣いが分かるほどの距離まで唇を寄せて「お願い」そう言って今度はオレだけの為に笑うからそれ以上なにも言えなくなったオレができることといえばアナタの為...

PRESENT03~はぐ~

4
「ひょん、はぐしよう」時間も場所もおかまいなし前触れなく落とされるオマエの爆弾。「ぜってーしねぇ」そんな攻撃にカンタンにオトされるオレじゃねぇ「ホントはしてほしいくせに」ってアツイ視線を送られたって、「ほらほらほら素直になろうよ」って両手を広げたって、ムリなもんはムリだムリ------------------!・・・・こんなところでは。「オレがしたいの---------」言い終わらないうちに捕まったオレはあっという間にオマ...

ひとりごと【20150210】&お返事

0
おはよんございます。3月8日東京へヨンファおにさんに会いに行ってきました。お会いできた皆様へえーっと、どうでした??(特に初対面だった方・・・・こんな人が書いてるの(涙))実は超がつくほど人見知りなんですが、いつも読んでくださってる人に会って直接お礼が言いたいと、ただそれだけで毎回必死です(笑)ありがとうが直接言えてよかった。ミート&グリートなおにさんじゃないけどハグできて握手できてよかった。また...

PRESENT02~おんど~

0
「ふ・・・・やっ、ぁ・・・・・・・・・めて」次々に与えられる甘い痺れに翻弄されて揺れて揺られて彷徨うオレの指は漂う意識を繋ぎとめるように、縋るものを探して、ゆらゆらと宙を彷徨いカラダをスキに揺さぶり続ける相手の肌を掠める。ツ・・・・ッ「あ・・・・・・・・・」血の滲むその肌に一瞬躊躇オレ。けれどもオマエはそんなことちっとも気にしないとそれはそれはキレイに笑う。ムダナテイコウナンカヤメテイイコダカラモ...

PRESENT01~ゆめであえたら~

4
今日も昨日も一昨日も、会えなかったオマエに夢でやっと逢えたというのに夢の中のオマエは声をもたず無声映画のようなその映像。動く唇の紡ぐその言葉が聞きたいんだ。なんだよ。なんなんだよ。これじゃ会えないより胸が痛む。いつの間にか流していた涙の冷たさに目が覚めて声が聞きたくて夢の中のオマエの言葉が知りたくてオレはベッドに放り投げだされたままになっている電話を手にとった。プ・・・・・「ヒョン??」1コールし...

SS_20150214_ショコラキス~弟たちの場合 2~

4
硬直したオレの胸元をオマエは無造作に探ってきた。「・・・・・っ、く・・・・・・」もう一方の手も休みなく昂ぶりを扱いている。感じやすい場所を同時に責められオレはただ喘ぐことしかできない。「は・・・・・・っ」頭の中がぼんやりと霞んできた。自分では触れたことがある場所ではあるけれどもこんな強烈な快感オレは知らない。くっそ、なんでこんなことになってんだよ・・・・あきらかに犯されてるにもかかわらずそんなこと...

SS_20150214_ショコラキス~弟たちの場合 1~

10
※R18:BL表現があります。ご注意願います。「このご馳走どうしたのさ」その日オレは、つい半日ほど前まで一緒だった相棒を自宅へ呼び出した。「別になんでもいいだろ。ほらどんどん飲んで食べちゃってよ」テーブルの上には準備した色とりどりの料理と花瓶に生けられた花が出迎える。ヤケ食いするにはすごい量だし、こんな日に呼び出せるなんてオマエしか思いつかなかったんだ。なんで、どうしてこんなことになっているのだろう?「...

ひとりごと【20150306】&お返事とお知らせと・・・

2
ただいまぁ------------っみんな待っててくれてありがと-----------っパソコンの突然の不調により、お休みしておりましたこのお部屋ですが、本日NEWマシンを手に入れて(修理できるまで我慢ができなかったの・・・)ふっか------------つ!!!です。ただでさえお返事を待ってていただいていたのに、お休みしている間も「待ってます」とたくさんの暖かいコメントいただいたので、絶対カムバして再開しなきゃなって思えました。...

Note.20150301_オレとキミの素敵な日~その後~

0
SSS
「寝ててもいいんだよ」「ん------・・・・・、けど・・・・・・」差し込む朝日に起こされたオレは気づいたら隣にいたヤツがいなくて気怠く重い腰をさすりながら姿を探しに起きてきたところ。「コーヒーここに置くよ」「ありがと」目の前のテーブルにはオレのお気に入りのカップでコーヒーが温かな湯気を立ち上らせていた。向かい側にはサボンの香りを漂わせて昨夜の余韻なんか微塵も残さずに身支度を整えたオマエがオレンジジュー...

おしらせ【20150303】

0
おはよんございます。本日はお知らせのみに参上いたしました。kaonyonの愛用PCが壊れましたwwwwwwwマジです。大マジです。これはDサマのPCをこっそり拝借中なのですが、これね-----、寝室にあるのぉ・・・・ということはとっても早く寝るDサマが寝てからの作業は無理なわけでちょっとお部屋の更新が止まることが予想されます。朝までかかってバックアップはできたものの(終わったの4時ですよ・・・(泣))PCがなけりゃいろいろとで...

Note.20150301_オレとキミの素敵な日

0
SSS
※R18:BL表現があります。ご注意願います。「あ、っく・・・・・っ」胸の突起に舌先を押しつけられた途端、喉を仰け反らせてて声をあげる。「声聞かせてよ」「や・・・・だ。のど・・・・痛め・・・る」やだなんて言っても、グズグズに溶かされていけばそんな言い訳もできないぐらいどうせ啼かされ続けるのだ。ならばせめて今ぐらい強がらせてくれ。「ふ・・・・・ん、ここ硬くなってるよ。きもちいいからかな」「あ・・・・・・・...