FC2ブログ

BLUE NOTE

Tatoo 56

21
※R18:BLな表現があります。ご注意くださいませ。重い身体を起こして、ベッドに膝をつく。ジョンシンを引き上げてベッドの上に座らせたら投げ出された長い脚を跨いだ。オレは初めて目にするものを眺めるような気持ちで目の前の男を見ている。前のボタンを外して、羽織っている状態のものも脱がせたあと、そっと唇に唇をつけた。「・・・・っっ」肌に噛みつくように吸い付いて跡を残す。朱くなった場所を舌で辿る。その場所に...

Tatoo 55

6
※R18:BLな表現があります。ご注意くださいませ。「もっとしてみようか」それは強烈な誘惑だった。ピタリと身体を密着させて彼はオレを見下ろしていた。オレはただ黙って彼を見上げる。彼は黙たまま反応もできずにいるオレの肩に手を掛けてゆっくりとその唇を重ねた。そっと重なり合った間から舌が滑りこんでくる。深い口づけ。彼と・・・ヨンファヒョンと・・・ぎこちなさのカケラもない。そんな行為にオレの中にあったギリ...

KEY

6
キミを開ける鍵があるのならオレにそれをください。内緒で・・・オレだけが持つから。キミの秘密は全部オレだけの秘密。男と男の愛情話なんて最初から秘密がつきもの。だから何があっても守って。キミが好きな気持ちもオレを好きな気持ちも2人で抱きしめる。オレの想いもキミの想いも全部全部ね。秘密は鍵がかかっているもの。そこにあるものはきっとなんてことはない、あるがままの気持ち。誰かの想いが小さくそこにあるだけ。+++...

只今休暇中につき・・・

8
予定されていた大型連休中に鳴る電話なんてロクなものじゃない。きっと気のノらないお誘いかはたまた無茶ぶりなスケジュールの追加か。「おい・・・おいってば。いいのか電話?」さっきから随分と長く鳴っている。それをさすがに気にしてか友人の一人が尋ねた。「よくは・・・ないな。 でも、出たらきっと休みは終わりだ」「なんだなんだ、芸能人サマは忙しいなぁ」そんな揶揄も親しい間柄だからこそ気になりはしない。此処は、こ...