FC2ブログ

kaonyon

kaonyon

610





※このお話はもちろんフィクションです。
 名の似た人が登場人物ですが、
 読んで不快に感じる方もみえるかもしれません。
 苦手だ!作り話は無理!という方がお見えになりましたら
 そっと上の×ボタンを押していただけたら幸いです。
















陽が落ちた頃ジョンヒョンとミニョクが戻ると
部屋では床に並んでヨンファとグァンジンが2人で眠っていた。


2人は何度声をかけても目を覚まさず、
死んだように眠り続けた。


「ヒョン肉買ってきたんだよ」


起きてよ。


「4人でお祝いするんでしょ」


ねぇ起きてってば。


少し開き気味の胸元が艶めかしくて
ジョンヒョンはそこから目が離せずにいた。
2人でなにしてた?なんで目を覚まさないの?


「ヒョニヒョン、テンジャンチゲとご飯できたよ。
 肉はさ明日ね。さ、食べるよ!」


台所からミニョクがジョンヒョンを呼んだ。


「今行く」


そのあと2人は丸一日眠り続ける。
そしてその間に舞い込んだ知らせがオレ達の運命を変える。


2か月後には日本でインディーズデビューを果たし
翌年1月14日。本国デビューをしたオレたちは
運命を大きく大きく動かしていくことになる。









□□□□









「おい小憎!無駄に長い脚が邪魔なんだよ」


楽屋でベースを抱える男は綺麗な顔に長い手足を持て余しつつ
絵になる格好で音出しをしている。


「小憎じゃないし、ジョンシンだし!」
「うるせぇ小憎のくせに口応えすんな!!」


今のオレのケンカ相手はグァンジンではない。
そうこの楽屋のどこにも彼の姿はない。
あれからすぐに事務所から脱退する旨の知らせが届き、
その
翌日レッスンから戻ったら綺麗さっぱり彼の痕跡が消え、
かわりに長身女顔のベース弾きが合流した。


ジョンヒョンがその男が気に入らない理由その1。
合流したその日、ジョンシンを見たヨンファが突然泣きだしたこと。
本人は気のせいだって言ってたけど絶対泣いてた。
怒ってたのに泣いてた。だから気に入らない。


その2。
あいつが来てからヨンファはあいつにベッタリだ。
何かといえば傍にいてふざけ合って笑ってる。
ヨンファが嬉しそうにすればするほど複雑な気分になる。
だから気に入らない。


その3。
2人はなんだか似てる・・・気がする。
これは気のせいか。


とにかく気に入らないから仕方がない。
あー・・・今日もムカムカする。


「ヒョニヒョン綺麗な顔が台無しだから
 はい、スマーイル」


オレの扱いが手慣れたもんのミニョクは、それに気づくたびに
フォローにもくるけど、年齢が近いせいかグァンジンより
気が楽なようだ。
これが今のオレたち。デビューしたCNBLUEだった。





グァンジン?
グァンジンといえば帰国後は練習生に戻ったとは聞くが
事務所で顔を合わすこともなく生きているんだかどうか・・・

彼のその場所には穏やかな空気を纏う男が陣取り
今に至る。


そして彼?
もちろん気になると思う彼。
ヨンファは今・・・・・・





「ごめん、遅くなった!!」


楽屋に汗しながら駆け込んできたのがヨンファ。
デビュー以来彼はあらゆる仕事を請け負い
歌以外の所謂バラエティーという分野で走りまわっている。


「ヒョン、撮影は無事に終わった?」
「ああ、それよりリハはどうなった?」
「それよりはないでしょ。
 まずはこっち来て。ほら、ここ!」


ジョンシンの横にちょこんと座ったヨンファを囲む
メイク担当のスタッフたち。それを横で見ていたジョンシンは
ヨンファの肩や背に手を置いて、談笑を始める。


あれから分かったことがあった。
いやというほど自身に問いかけて
なんども答えを打ち消してはまた問いかけて
それでも変わらない答え。




オレは彼が好きだ・・・・・




「あ、ジョンヒョン!
 今日はあのフレーズんとこさぁ・・・・・」



本気で好きみたいなんだ。
だから気になって、だから苛立ってしまう。
番組の設定で親しくしてる女性にだって嫉妬してしまうぐらい
ホントどうしようもなく好きだった。


けれど



「やっぱオマエの音が一番だよな」



笑う彼に誓う。



一生言わないからさ、だからどうか
オレの気持ちに気づかないでほしい。



「ギリギリだと思ってチューニングしといた」
「わり、さんきゅ」


いつもどうり会話しながらもジョンヒョンの手は
もどかしい感情を抑えるように両手を強く結んだまま
日々大きくなる感情を、どうにも止められないでいた。





⇒To Be Continued
+++++++++++++++++++++++++++





おかえりなさい。





kaonyon











いつもたくさんのポチ・コメ・拍手ありがとうございます。
お話をヨンでよかったと思っていただいたら、
頑張ったkaonyonへのご褒美に下の画像をポチしてください。
アナタからワタシへ元気玉です。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
(画像お借りしています。ありがとうございます)

スポンサーサイト



Posted by

Comments 3

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/03 (Sun) 21:42 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/04 (Mon) 08:02 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/11/04 (Mon) 20:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply